なかしまの日記

<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< アニオナ ・カシミアコレクション AGNONA | main | シャコック ニースのブランド >>

北海道の旅

0

    北海道・江別市の友人が在江別フィジー共和国名誉領事に任命されてその就任式に行ってきました。大分のフィジー会の皆さんとその名誉領事に任命された清水誓幸さんと一緒に昨年秋に、クルーズをした仲間25人でお祝いに駆けつけました。

    丁度札幌は雪まつりが始まって、遊びも兼ねて行こうということになり大いに盛り上がっていってきました。

    今年の冬・大分も近年になく寒い日が続いています。寒さは体感して練習済み、それでも北海道は寒いだろうとみんな完全防備で臨みました。大分の出発は7日、空港は雪で果たして飛行機が出発できるか?という日でした。少し遅れての出発になりましたが素晴らしい富士山を見ることが出来るフライトになりました。

    マイナス8度、やっぱりかなり寒く、雪国の人はすごいなあなんて思いました。雪の降る中雪像を見ましたが、屋台が多すぎて以前より雪像が見にくくて一寸がっかりでした。

    美味しい夕食は25人の壮観な会食となりにぎやかに盛り上がりました。

    次の日は少し暖かくなり、夜の就任式までは観光です。1時間半かけて支笏湖の氷涛祭りに出かけました。30年前からやっているお祭りでなかなか見ごたえがありました。樅ノ木?の水をかけてつららをたくさん作ってトンネルにしてたり周りを氷で囲んだ洞窟やいろんなアイディアで楽しみました。

    十分に楽しみ、札幌に戻り藻岩山ロープウェイで600メートルばかり登りおいしいランチになりました。残念ながら雪が降りだして下界が見えなくて残念でしたが窓の下をスキーヤーが滑って行ってこんな急斜面を滑るんだなあと驚きました。ランチをしている間に晴れてきて羊ヶ丘展望台ではまっさらな雪野原、クラーク博士の像と一緒に記念撮影、まさに北海道!!って感じで素敵でした。

    さあ、本番の名誉領事就任式に札幌から1時間ほどの江別にみんなで行きました。セラミックセンターという江別の自慢の粘土質の土でできるレンガや陶器のことを学べるセンターで就任式が行われます。北海道庁や、江別の市長さんや商工会の方など大勢の方で一杯です。フィジー共和国のマタイトガ全権大使、書記官の方で清水誓幸氏の名誉領事の就任式が行われました。2年前のことが思い出されました。大分フィジー会25人はフィジーのブラシャツを着てみんなでご挨拶をしてスネークダンスをして会を盛り上げるのに一役買ったようです。北海道と大分、北と南に名誉領事館ができました。もう一つ神奈川、横浜にあります。ラグビーワールドカップが近づきますが江別もキャンプ誘致に名乗りを上げていて大分の強敵です。負けられないなあって思います。

    無事に就任式を終えて大分から応援に駆け付けた私たちも大いに楽しい会になりました。北海道と九州、北と南のつながりができ楽しい交流ができました。人と人の絆は不思議な気がします。思いがけないフィジーとの関りや江別市に仲間ができ、仲良くなる方たちができました。輪が広がって、つながりができていくことは素晴らしいです。大分フィジー会もすっかり仲良くなりました。楽しい旅になりました。

     

    - | permalink | comments(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする