なかしまの日記

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

サグネ  カナダ クルーズ9日目  10月20日 

0

    午後1時 サグネ フィヨルドの中の町に到着  美しい紅葉の中の散歩に出かけます。港では大道芸人の歓迎を受けます。どこもクルーズ船を待ってるんですね。別府の港もいろいろ歓迎のアイデアを工夫してますものね。バグパイプの音楽も迎えてくれてます。

    街歩きの人たちもかわいい町で大満足。どこも、ハロウインの飾りがかわいくて楽しんだようです。私たちは紅葉を求めてタクシーで川のほとりまでドライブです。タクシーを捕まえるのが大変です。川のほとりの散歩をしてきました。

     

    美しい町でいい気持ちです。それぞれに楽しんだサグネでした。

     

    - | permalink | comments(0) | -

    サグネ カナダ 1日クルーズ 8日目 10月19日

    0

      今日は1日クルーズの日です。明日も入港はお昼過ぎなのでのんびりない日です。セントローレンス川をケベックのほうへ向けて航行します。今日はずっと船の中だということでぜいたくな1日です。

      のんびりしてる日ということで朝ごはんはメインレストランでと思っていったら、思いは同じなのか全員いました。ゆっくり朝ごはんなんて本当に贅沢です。海を見ながらクジラいないかなあなんて見ています。

      おしゃべりしたり何しようかなって・・

      本を読む人、プールサイドで日向ぼっこする人、ウォーキングする人、走る人。エステに行く人、美容室に行く人・・それぞれに楽しんでいます。

      ザクネフィヨルドはとても美しく、ラウンジからゆっくり眺める景色は最高です。

      皆さんご機嫌です。岐阜から参加の裕也君、クルーズの一日にお抹茶を点てると準備してきました。大きな甘納豆をお菓子にして一人づつ点ててくれて大喜びされました。なんだかほっとします。

      日本を出てもうすぐ10日、ちょっと恋しくなったのかなあ!日本の味。とにかく喜ばれてうれしかったです。

      こんな日はキャプテン主催のパーティとフォーマルデー。ゆっくりおしゃれして集まる日です。時間をかけて磨きをかけておしゃれをしなきゃ!!

      夜になって現れたときはもうびっくり!皆さんピカピカになってました。男性もタキシード姿はなかなかです。

      馬子にも衣装ってよく言ったものです。皆さん素敵です。

      - | permalink | comments(0) | -

      シドニー カナダ クルーズ7日目 10月18日

      0

        シドニー  オーストラリアのシドニーと同じシドニー子爵が開いた街ということです。鉄鋼の街なのですが今は観光に力を入れることになった街です。そこで港に世界一おおきなヴァイオリンを作ってシンボルにしています。ここには当初寄港することになっていなかったのですが、ガスペという港でクジラが迷い込んで船に15頭もひかれてこちらの港に寄港地が変わったのです。そんなことで朝食の時、みんなで海を見つめてクジラを探します。ついに何人かクジラを目撃できたようです。残念ながら私は見つけられませんでしたが・・・・

         

        今日も港に入ったのは12時過ぎです。

        世界最大の鉄工所が建設された街で第二次世界大戦中にも大きな役割を果たした街で、今は観光地として復活してルイボークの要塞には多くの観光者が訪ねてくるようです。残念ながら冬の時期に入って施設の見学はできましたが観光としての案内やイベントは見ることが出来ませんでした。タクシーを使って2時間くらい先のルイボークの要塞を見に行ってきました。小雨の日だったので他の人たちは港の周りの散歩をしてそれも楽しかったようです。

        誰もいない要塞を風に吹かれながら見学してきました。

        今夜は久しぶりに全員で食事をしようということでメインレストランに集合です。10月生まれの人が4人、バースデーパーティになりました。それと北海道から参加の清水誓幸さんがフィジーの在江別名誉領事に決定したとの連絡でお祝いのディナーとなりました。ワインがおいしくて皆さん盛り上がりました。シルバーウィスパーもケーキを用意してくれて盛り上がっていい夜になりました。

        - | permalink | comments(0) | -

        ハリファックス カナダ クルーズ6日目 10月17日

        0

          今日はお昼に入港ということでゆっくり船で過ごします。展望ラウンジで船の航行を見て楽しんだり、ショップを冷かしたりして過ごします。18世紀の半ばに作った要塞の町です。オールドタウンを馬車で散歩するコースにのって街に出ました。すごく寒い日でみんな凍えそうな日です。古い教会や美しい公園、街並みがおとぎ話の中を行くようです。

          100年前には軍用の火薬を積んだ貨物船が衝突して街の大半が廃墟になったことがあったという町です。1995年にはサミットが行われた街でもあるのです。新聞社やラジオなど多様根メディアが拠点としている街なのです。

          タイタニック号が1912年に沈没した海が近く観光の呼び物にもなっている街です。函館と姉妹都心あっているのですが雰囲気が似ています。海に続く道が坂になっていて感じが本当に似ています。

          短い馬車ツアーだったので船の食事に飽きた人たちが街に出かけていきました。ラーメンを食べたいなあって。

           

          港ではすぐ隣に係留された17万トンの巨大なクルーズ船が泊りました。見上げるような大きな船です。私たちの船はボートのようです。暮れゆく港は本当に美しい。見とれてしまいます。

           

           

          - | permalink | comments(0) | -

          セントジョン カナダ クルーズ5日目 10月16日

          0

            朝8時、セントジョンに入港、初めてのカナダに着きました。カナダ極東の町、クジラを見ることのできる町ということです。漁業が盛んでタラ漁、豊富な漁獲で潤う町で地形が面白く16世紀にはオランダが占領した歴史もあるという。

            ここではどうしようか?と、とりあえず港におりました。あちこち好きに出かけた人を除いて14人、おんぼろなミニバスが見つかってちょっとおかしなガイド兼ドライバーに連れられて観光することになりました。隙間から風は入るしちょっと怖いし変なところに行ったらどうしよう!と思いながら観光が始まりました。

            それでも変なところに寄ったかと思ったらクジラの骨が置かれている場所だったり、ヘラジカの大きなはく製のある、ビール工場のロビーだったりとか思いがけず面白い人で普通のコースとは違う場所をいろいろ案内してくれました。渦潮が逆流する現象がみられるところ、200年の漁業の歴史のある漁師の村、灯台や洞窟など面白い所があります。

            世界一霧の深い町としてギネスに登録されたことがあるというこの町、風も強く厳しい自然を見せてくれる岬や岩場を案内してくれます。サービス精神旺盛でヘラジカのところでは自分がサンタクロースになり、漁師の桟橋の見学では漁師の格好をして魚のぬいぐるみを持って写真を撮ってくれたりと、変なおじさんです。

            港から2時間ほど走ってすごい自然の流れで削られた岩場を見に行きました。ここは観光地でたくさんにお人たちが来ていました。

            シルバーシーからのツアーの方たちにも出会いました。

             

            このツアーの終わりはこの町の有名なオールド・シティマーケットに連れて行ってくれました。

            変なガイドさんでしたけれどなかなか面白い所に連れて行って暮れて満足でした。

            3時ごろに船に戻ってティータイム、アフタヌーンティーをいただいて一休み。

            プールサイドでウォーキングしたり、おしゃべりしたり今日も楽しく過ぎていきました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            - | permalink | comments(0) | -

            ロックランド アメリカ 4日目 10月15日

            0

              7時30分 ロックランド入港  メイン州  ロブスターの町

              アメリカでは一番小さな郡 ロックランド州ということ。ロブスター祭りが有名なのだそう。ここはみんなで街歩きをすることにしました。

              男性軍はバスツアーで交通博物館に出かけました。飛行機や自動車自転車等エンジンがたくさんしていて興味をそそられたようでした。

              街は小さくて歩くのにとてもよかったのです。アートキャピタルとなっていてミュージアムストリートとなり美術館がたくさんあります。ファーンズワース美術館があり今、注目のアメリカの画家、アンドリュー・ワイエスの絵が収められた世界的に有名な美術館に行くことが出来ました。

               

              散歩をするのに楽しい町でした。

               

              街のスーパーマーケットを冷かして珍しいものを探したりののんびりの街歩きはとてもグッドでした。アンドリュー・ワイエスのことが少しわかったような気がします。アメリカ開拓の歴史を感じる絵を描きたかった意味が分かったような気がします。

              この日の夜はプールサイドでステーキを食べようということで豪快なディナーになりました。

              - | permalink | comments(0) | -

              ボストン アメリカ 3日目 10月14日

              0

                ニューポートを出てボストンに朝8時入港です。あいにくの曇り空です。今日は貸し切りバスをチャーターして一行20人でボストンの観光です。アメリカでもっとも古い都市と言われるボストン。アメリカ最初の大学ハーバード大学、マサチューセッツ大学など学園都市でもあり奴隷制度を廃止した都市でもあり、文化の中心の都市、私たちはハーバード大学の中庭に見学、大きな図書館の前でいろんな話を聞きました。庭にはリスが遊び、図書館の前では演劇やベレエの練習や撮影が行われていて、若い学生が生き生きとしています。私たちもハーバード大学を出てきたね!なんていいながら大学のスーパーマーケットでお買い物、ノートやTシャツ、ペンなどショッピングをしました。

                クインシーマーケット  マーケットという原型になったとして世界中の人たちが見学に訪れたというマーケットに私たちも見学に行きました。いろんな商品が一堂に集まってすごい人ででした。今はこんな形が多くなってきました。

                ランチの時間はなんと二日続きのロブスター!!初めての人たちは大喜び。大統領がサミットでアメリカらしいとディナーで出した、クリームチャウダーのスープ、ロブスター、アイスクリームが今日のランチ。一人一匹の大きなロブスター、20人がみんなでロブスターと格闘する姿は壮観でした。それにしても5人前ぐらいと思えるブロッコリーとマッシュポテトが一人づつ、この国はどうなってるのかと思うくらいの量です。デザートのアイスクリームは一人分は3人前くらい。みんな申し訳ないほど食べられませんでした。3日に分けて頂きたいねえなんて!!・・・

                ボストンの素敵な住宅街の街歩きを少しします。ちょうどハローウィンということで街の家々の飾りがとってもすてきで目を楽しませてくれました。とても絵になる風景でした。

                すっかりボストンを楽しんで船に戻り5時30分船は出航です。今夜はカクテルドレスがドレスコードです。ちょっとおしゃれをしてディナーに臨みますがロブスターでおなかはいっぱい。オードブルだけの人やサラダだけの人続出でした。今夜もにぎやかに更けていきました。

                 

                 

                 

                 

                - | permalink | comments(0) | -

                ニューポート アメリカ 2日目

                0

                  8時 ニューポートに入港  アメリカの古い町で19世紀末以降に建てられた豪邸がたくさんある、美しいリゾートの町です。ロードアイランドに続くニューポートブリッジという大きな美しい釣り橋があり私たちはわたってみたいとタクシーを使いました。

                  この日は街をぶらぶらする人やツアーに乗った人やいくつかの班に分かれました。私たちは6人で足に自信のない人で車に乗りました。ケネディ元大統領・ジャックリーンさんの結婚式を挙げた教会や広縁をした牧場などアメリカの上流階級の人たちの屋敷が立ち並ぶ美しい所です。お天気も良く美しい街並みはうっとりします。海岸線も美しく素晴らしい景色が続きました。

                  博物館の美しい庭にタクシーが連れて行ってくれ、大きな木があってびっくり、一本に見えた樹は実は6本ぐらいが1本に見えるもので中は空洞になっていました。初めて見る樹でした。ヨーロピアンビーツという樹だそうです。しばらくその広い庭で遊びました。お天気が良く気分は最高でした。

                   

                  街を一回りしてここはロブスターを食べなきゃ!!ということになり港の近くのシーサイドレストランに入ることにしました。システムが分からなくて、適当にこれを6人前!!って言ったらレストランの人からそれは無理、こちらにしなさい!!と言われ待っていると巨大なロブスターが現れて、戦意喪失。初めのだったらまだまだ、大きかったようです。お土産にすることにしてみんなで分け合って思いっきり、ロブスターを食べました。大満足、一生分だ!!なんていいました。

                  夫々に楽しんだニューポート 夜は出会っていろんな体験を話し合いました。カクテルパーティがあり、ディナーをいただきながら夜は更けていきました。

                   

                   

                   

                   

                  - | permalink | comments(0) | -

                  ニューヨーク 出航の夜

                  0

                    出航してさっそく船長による歓迎のパーティがあります。ちょっとおしゃれして初めてのディナーに行きます。皆さんもうすっかりいい気持でワインが進んでいます。おしゃれをするのも大いなる楽しみの一つです。長かった羽田からの旅の始まりの終わりの夜はお気に入りの歌のプレゼントでシアターでは盛り上がります。長い時間興奮して過ごして今夜はみんなよく眠れることでしょう。明日の朝は目覚めるとニューポートに入港です。

                     

                    - | permalink | comments(0) | -

                    ニューヨーク出航

                    0

                      みなさん初めて集まって自己紹介。これから十日間一緒に旅をする仲間としてお互いに仲良くなれればきっと楽しい旅になることでしょう。

                      新しい出会いがこれからの人生きっと楽しいものにしてくれると信じます。

                      夕暮れが近づいてニューヨークの港がとても美しく出港前の豊かな時間を楽しませてくれます。消防船が放水をして歓送してくれて夕暮れの港を一層素晴らしいものにしてくれます。くれていく中を船は進んでマンハッタンのビルの明かりが素晴らしい景色を見せてくれ、感激です。まるで夢のような美しさです。イルミネーションの洪水の中を進んでいくと遠くに自由の女神が見えて来て、またまた大騒ぎです。 ズーッと景色に見とれて、その時は音楽がシナトラのニューヨーク ニューヨークがスピーカーから流れて一層心が踊りました。




                      - | permalink | comments(0) | -